平均的な医療費

診察の平均的な医療費はいくらぐらいが目安か

うつ病をはじめとする、うつ症状を含む症例が見られる疾患を診察してもらう場合、 1回あたりでどれくらいの医療費がかかるのかは気になるところです。 医療費の話に進む前に、うつ病の症状を扱う医療機関の設定が必要です。 うつ症状の原因によっては、病院のなかでも診察する科が異なるからです。 病院では、精神疾患を扱うものとしては 精神科・神経科・心療内科などがあります。 ほかにも、メンタルクリニックなど、 精神疾患だけを専門的に扱う施設もあります。 病院での治療に関しては、どこの科でもおおよそ等しく 平均的には5000円を前後する程度になります。 内訳としては、診察が2500円程度です。 それに加えて、定期的に処方される薬として2500円程度です。 しかし、症状の強さによって前後するので詳しい料金は はっきりとしないのが現状です。

うつ症状によくみられる特徴とはなにか

うつ症状における主な症例は、「身体的なもの」と「精神的なもの」に分けられます。 前者では、「なんとなくだるい」、「体重の増減」、「睡眠時間の増減」などが挙げられます。 うつ症状の身体的な症状の特徴は、 なにか具体的な異常によって発生する物ではないことが多いことです。 どちらかというと、精神的な作用による二次的な症状が多いからです。 したがって、頭痛や吐き気など目に見えるような症状および ケガなどの外傷とは異なり、客観的にとらえづらいのが特徴です。 後者としては「やる気がでない」、「気持ちが沈む」といったものです。 後者の最大の特徴は、精神的な活動が大きく抑制されるということです。 これは、近年では神経伝達物質の分泌障害によるものではないかといわれています。