症状の改善

うつ症状を改善するには

うつ病の症状はつらいものです。体がどこも悪くないのに動くのがつらく、ひどい頭痛や腰痛にも悩まされます。やる気も当然なく、死を考える人も多いものです。これらの症状をうつ病の為に起こっていると冷静に受け止めることが大切です。今は向精神薬の効果も向上し、2週間程で投薬の効果があらわれてうつ病の症状をやわらげてくれます。うつ病の症状は気の持ちようとか、気のせいでもなく脳の機能障害と最近は考えられるようになりました。少しずつですが、問診以外の診断方法が取り入れられています。今は補助として脳の血流による診断ですが、いずれはもっと確かな目に見える形での診断が可能になるでしょう。性格の問題にされがちな病ですが、ちゃんとした病であると患者自身にも理解できる診断結果がでるようにこれからはなるでしょう。

注意したい点について

うつ病の症状かなと思ったら精神科や心療内科に早めに受診しましょう。精神科や心療内科は気持ち的にハードルの高い病院です。でも、どんな病気も早期発見と早期治療です。病気は軽ければ軽いほど、治りがいいものです。うつも例外ではありません。うつ病の症状を放っておくと、どんどん症状が進んでしまい自分では対応できなくなる場合があります。うつかもと思うことがあったり、周囲からうつではと言われたりしたら素直に病院へ行きましょう。対応が早ければ早いほど治りも早いものです。 うつ病の症状がでているときでも生活は規則正しく行いましょう。食事もバランスよく食べ、睡眠もしっかりとりましょう。特に朝の太陽にあたる時間を確保することが大切です。脳内物質のセロトニンの働きを高める効果があります。また、症状を抑える効果があります。