安く抑える

うつ病の診察代を安く済ませたい

うつ病やうつ症状を発症するあらゆる精神疾患の患者にとって、医療費は大きな悩みとなります。 もし患者が診察を受けながらも働いているのであれば、まだ心配はないかもしれません。 しかし、症状が重くなってくると、仕事に必要な労力を割くことができなくなってしまいます。 したがって金銭的にも苦しい状況を生み出してしまうのです。 働く力がない患者には、少しでも医療費を安く済ませたいという気持ちがあります。 実は、うつ症状罹患者など、 精神疾患に関係する分野で通院している方には医療費の免除制度があります。 通院医療費公費負担制度というものです。 具体的には、診察料金と薬代が公費で支払われることで本人の負担を軽減できる制度となります。 しかし、入院してしまった場合、その治療費は対象にはなりません。 したがって、うつ症状をこじらせないうちに申請しておくことがおすすめされます。

通院医療費公費負担制度を利用した場合の1回あたりの診察代はおよそいくらでしょうか

先述の制度を利用すると、以下の流れで医療費を軽減できます。 まず、加入している保険が適用されて給付がなされます。 次に、医療費から給付の費用の差額のうち、自己負担費が5パーセントになるように 公費が使われます。 これは、住民税の課税、非課税によっては自己負担費がなしになることもあります。 また、その地方ごとに定められた決まりにも左右されるので注意が必要です。 基本的に、うつ病(うつ症状)の診察のペースは2週間に1回が基本となっています。 つまり、2週間単位でお薬を処方することが多いのです。 このケースの場合、1回の医療費は5000円程度が平均的です。 つまり月ごとでは10000円の負担となります。 しかし、この制度を利用することでおよそ月2000〜3000円で 医療サービスを受けることができるので、金銭的に快適です。

現代病と言っても過言ではありあせん

うつ病は現代病と言っても過言ではないのではないでしょうか。 もちろん、現代病と言っても最近になってから突然うつ病が発生したわけではなく以前から患っていた人は表に出ているだけでも少なからず存在していました。 うつ病自体が最近になってから正式に病気だと認識されはじめたので、以前はうつ病はなどという精神疾患は認められておらず、ただの怠け者として扱われてきました。 ですが、現在では社会での理解も深まっているため以前の様に粗末に扱われるなんていう事態は避けることが可能ですが、自分に降りかかっている深刻な精神疾患ということには変わりないので、うつ病によって生じる症状と向き合っていく必要があるのはなんら変わっていません。

症状は個人差があります

うつ病といっても症状には個人差があります。 症状としては、1日しっかり働いても夜中になかなか眠りにつけなかったり、意味もなく突然極度の不安に襲われたりしてしまうなんていうことがあります。 さらに嫌なこともないのに突然命を絶ちたくなることもあるため生活していくのが苦痛になってしまうこともあるので厄介です。 そういった症状は心療内科で処方させる薬を服用することによって一時的に緩和されます。 心療内科で処方される薬に警戒感を持っている人もいるでしょうが、うつ病を患っている人達にとっては必要不可欠なものなので、決して体に副作用があるからやめろとか、一度手を出したらやめられなくなるからやめろとか言ってはいけません。 うつ病の人はそれを承知で薬を服用しているのです。 理解をして接することが重要なので、身近にうつ病の人がいたら優しく見守ってあげることが大切です。